韓ドラろぐ
その年、私たちは

「その年、私たちは」OSTまとめ・CD発売情報|BTSのVも参加!

チェ・ウシク&キム・ダミ主演SBSドラマ「その年、私たちは」のOSTをまとめました!

ドラマ開始前からチェ・ウシクと仲良しのBTS VがOSTに参加することが決まり話題になっていました。

また、音楽監督も数々の人気ドラマのOSTを担当しているナム・ヘスン音楽監督といういこともあり、期待大のOSTです!

日本盤CDの発売も決定しましたので追記しました!!

「その年、私たちは」OST(挿入歌)

Part1:10CM- 引き出し(서랍)

Part 1「引き出し」は、優しく温かいアコースティックギターのメロディーと、静かに思い出に浸らせてくれるような彼の甘い歌声、繊細な表現力が調和をなした楽曲だ。

爽やかで純粋な歌詞で幼少時代の初恋を思い出させるこの曲は、同ドラマのナム・ヘスン音楽監督とチョン・ジョンヒョクがコラボした楽曲として関心を集めている。2人はこれまで「サイコだけど大丈夫」「青春の記録」「愛の不時着」などで完璧なタッグを披露しただけに、今回のOSTでも名曲を誕生させた。

引用元:Kstyle

↓10CM(クォン・ジョンヨル)インスタ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

권정열(@hi990103)がシェアした投稿

Part2:BIBI-私たちが別れなければならなかった理由

別れた恋人の複雑で微妙な内面を表現した楽曲で、夢幻的なサウンドの中で繰り返される穏やかなピアノ伴奏が調和を成す。

これにBIBIならではの神秘的でユニークなボイスと率直な感情を盛り込んだ歌詞が調和し、曲の雰囲気をより一層盛り上げる。

引用元:Kstyle

↓BIBI インスタ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

비비(@nakedbibi)がシェアした投稿

Part3:ハ・ソンウン‐티격태격

同曲は弾むアコースティックギターの旋律と共感を呼ぶ可愛い歌詞が印象的な楽曲だ。

ハ・ソンウンの爽やかなボイスとリズミカルなメロディーが完璧に調和したこの曲は、劇中でチェ・ウン(チェ・ウシク)とクク・ヨンス(キム・ダミ)がティキタカ(相性が良く、ポンポンとやり取りする様子)するシーンで流れる予定だ。

引用元:Kstyle

ハ・ソンウンはWanna One出身の歌手で、「場合の数」「女神降臨」「ザ・キング:永遠の君主」などのOSTにも参加しています。

題名の티격태격は「なんだかんだと」という意味。

出典元:SBS公式

↓ハ・ソンウン個人インスタ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

하성운(@gooreumseng)がシェアした投稿

Part4:キム・ナヨン‐이별후회

別れに対する後悔を相手に話すようなメロディと歌詞が印象的な曲。第3話ウン(チェ・ウシク)とヨンス(キム・ダミ)の別れの場面で流れました。

Part5: V(BTS)-Christmas Tree

12月24日PM6時発売!

クリスマスプレゼントですね♪

第1話でウン(チェ・ウシク)が絵を描いている作業中に流れて話題になりました。その後もヨンスとのシーンで度々流れています。

ナム・ヘスン音楽監督はこの曲を作る過程で、”ウンがイラスト作業をする時に掛け流し、彼が最も好きな音楽設定でありながら「その年、私たちは」のメインラブテーマ曲の役割も共にすることができるように、長時間台本を分析して曲の構成と歌詞の作業に臨み、相当悩んだそうです。

とても素敵な曲ですよね^^

出典元:SBS公式

↓V インスタ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

V(@thv)がシェアした投稿

Part6:Janet Suhh(자넷서)-집(家), Why

집(家)

 

Why

第1、2話のエピローグシーンを飾った曲で、軽快なビートと可愛いらしいメロディ、歌詞がウンとヨンスのケミストリーを完璧に代弁しています。

↓Janet Suhh インスタ↓

Part7:イ・スンユン‐언덕나무(丘の木)

第8話、丘の上のシーンで↑で流れました。

↓音楽番組で歌唱しているイ・スンユン。普段とは異なる歌い方で挑戦となった曲だそうです。

↓イ・スンユン インスタ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

이승윤(@bgsmsyl)がシェアした投稿

Part8:Sam Kim-여름비(夏の雨、Summer Rain)

ウンとヨンスの愛が始まる場面が映し出された第6話から、二人の最初の旅行、そして再会以後お互いを思い浮かべたシーンなど主要なシーンに挿入されています。

優しいアコースティックギターの音色と、温かいSam Kimの歌声が素敵な曲です。

ナム・ヘスン音楽監督とは「トッケビ」「サイコだけど大丈夫」に続き3度目の共同作業。

Sam Kimleegititssam

Part9:ヤン・ヨソプ(Highlight)-まだ好き(아직도 좋아해)

出典元:SBS公式

 

Part10:チャン・ボムジュン‐행복하게 해줄게(幸せにしてあげる)

第13話でウンとヨンスのデートの場面で初めて挿入された曲。

チャン・ボムジュンが作詞・作曲を担当。恋人の出会いと別れ、喜怒哀楽など恋愛の複雑な面を愉快な歌詞にしたそう。

チャン・ボムジュンはシンガーソングライターで、버스커 버스커 (Busker Busker) という3人組のボーカルです。

出典元:SBS公式

Part11:キム・ギョンヒ(April 2nd)-Our Beloved Summer,우리가 다시 만날 수 밖에 없는 이유

1:Our Beloved Summer

オープニングタイトル曲。

2:우리가 다시 만날 수 밖에 없는 이유(私たちがまた会うしかない理由)

 

出典元:SBS公式

キム・ギョンヒkyungheekim_a2

 

 ナム・ヘスン音楽監督

冒頭にも書きましたが、OSTはナム・ヘスンという女性の音楽監督が全ての曲に関わっています。

数々の有名ドラマのOSTを担当しているということで、どんな音楽監督なのか調べてみました!

監督はもともとは延世大でクラシック作曲を専攻していました。

1989年EBSの放送音楽作家として入社した後、10年以上コメディと芸能番組を引き受け、その後子ども番組の作曲を経て、2004年MBCドラマ「あんぱん」(チェ・ガンヒ主演)からドラマ音楽監督になったそうです。

ざっと調べただけでも、

「となりの美男」「ナイン:九回の時間旅行」「ロマンスが必要2・3」「恋愛の発見」「三銃士」「グッドワイフ」「嫉妬の化身」「シカゴタイプライター」「怪しいパートナー」「ハベクの新婦」「ブラック~恋する死神」「ただ愛する仲」「油っこいメロ」「ライフオンマーズ」、

そして「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「ミスター・サンシャイン」「ボーイフレンド」「ロマンスは別冊付録」「バガボンド」「愛の不時着」「サイコだけど大丈夫」「青春の記録」「都会の男女の恋愛法」などなど、

とにかく日本でもヒットしている数々の作品の音楽監督をしています。

ナム音楽監督が引き受けた作品には、同じ音楽がほとんどなく、毎回毎シーンアレンジがすべて異なっているそうで、細かいところまで考え抜かれているのがわかります。

今作ではチェ・ウシクと親しいBTSのVがOSTに参加していますが、”OSTの企画段階からVを念頭に置いて曲を制作し、Vの温かい音色と歌唱力を最大化させるドラマの中の重要なコードとして公開される予定”だそうですよ。

韓国ドラマって”良いドラマ=良いOST”なことが多いですよね^^

「その年、私たちは」CD発売情報

韓国盤

発売日(韓国盤):2022年2月11日

内容
  • 2CD:Part1~10に加え未公開曲&サントラを収録
  • ブックレット(80P):劇中の名シーンのスチールカットと名台詞が掲載
  • フィルムブックマーク1種類
  • フォトカード5種類
  • コオ作家のイラストポストカード3種類
  • スケッチペーパー1種類
  • シーズンカレンダー12P:表面カレンダー、裏面ポストカード
  • ポスター(2種類のうち1枚ランダム)

 

店舗によって金額や初回限定ポスターの有無など異なりますので、内容をよくご確認の上ご購入ください。

created by Rinker
¥3,880
(2022/10/01 06:58:44時点 Amazon調べ-詳細)

Qoo10はコチラ

日本盤

発売日:2022年4月27日(水)

内容
  • 2CD+DVD (※MV11曲収録)DVDは日本盤オリジナル仕様
  • 36ページのフルカラーブックレット(ドラマの名場面、歌詞、歌詞の対訳と共にハングルのルビを掲載

金額は店舗によって異なりますので十分ご確認の上ご購入ください!また、韓国盤とは特典内容が異なります。

 

↓タワーレコードはコチラ↓

日本でもダウンロード配信がスタート!「その年、私たちは OST Special」⇒https://king-records.lnk.to/3TS9md

 

↓感想(ネタバレなし)はコチラ

「その年、私たちは」感想~ネタバレなし~日本のNetflixでも同日配信されたチェ・ウシク&キム・ダミ主演「その年、私たちは」。 Twitterでの反応を見ているとすごく...

 

created by Rinker
¥499
(2022/10/01 00:29:25時点 Amazon調べ-詳細)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村