韓ドラろぐ
ユミの細胞たち

「ユミの細胞たち」OSTまとめ&CD発売情報|キム・ゴウン&アン・ボヒョン主演ドラマ

キム・ゴウン&アン・ボヒョン主演tvNドラマ「ユミの細胞たち」のOSTをまとめました!

どれもドラマに合った素敵な曲ばかりです。

※韓国版CDの発売が決定したので追記しました。

「ユミの細胞たち」OSTまとめ

Part.1: WENDY(Red Velvet)- If I Could Read Your Mind(나를 신경 쓰고 있는 건가)

”私を気にしているかな”という、好感を感じる相手が自分のような感情を持っているのか確認したがる可愛らしい風を入れた曲で、愛したことがある人なら誰でも容易に共感することができる歌詞を特徴とする。 特にウェンディの魅力的な音色とはずむようなビットが一団となって愛のどきどきすることと震え、どうするか分からない純粋な姿が連想される。

引用元:DOM 덤스튜디오(Weblio翻訳使用)

 

出典元:TVING公式

Part.2:John Park- Nightfalling

‘Nightfalling’は穏やかに演奏されるギター旋律と一団となった淡泊ながらも吸引力があるJohn Parkのボーカルが調和を成して楽に鑑賞することができるトラックで完成された。 特にお互いの心を分かって行っている二人の感情と状況を夕焼けをほのめかして作られた歌詞がこれらの感性を刺激する。

出典元:DOM 덤스튜디오(Weblio翻訳使用)

出典元:TVING公式

Part.3:The Black Skirts-Ling Ling

The Black Skirts(검정치마)は韓国系アメリカ人でインディーズワンマンバンドで活動しています。

「また!?オヘヨン」や「ロマンスは別冊付録」のOSTにも参加していました。

↓本人インスタ↓

Part.4:ドヨン(NCT)‐Like a Star

NCTのドヨンが歌うこの曲は、第2話でユミとウンが初めて出会うシーン(ウンがユミの可愛さに茫然としているシーン)で流れ、4話エンディングキスシーンにも挿入され話題になりました。

とても素敵な曲ですよね^^

出典元:VING公式

↓ドヨン インスタ↓※ドヨンは俳優コンミョンの弟^^

 

View this post on Instagram

 

Doyoung(@do0_nct)がシェアした投稿

Part.5:Say Sue Me(세이수미) – My Heart (내 마음)

Say Sue Meは4人組インディーズロックバンドです。

第4話でク・ウンが体調不良で倒れたユミを雨の中抱えて走るシーンで挿入された曲。

何かに導かれるように行った所で愛に出会った時の感情を歌詞で解いた曲である。 甘美ながらもどきどきする感情を代弁する魅力的なメロディを通じて強い中毒性をそそるものと見られる。

引用元:DOM 덤스튜디오

出典元:TVING公式

Part.6:J.UNA- My Day (오늘도 내 하루는)今日も私の一日は

シンガーソングライターのJ.UNAが作詞・作曲に参加し、自ら歌唱まで担当した曲。

「今日も私の一日は」は、J.UNAの濃密な歌声と良く合うアコースティックポップジャンルの曲で、予想外の1日を描いている。軽快なサウンドと温かいメロディが、曲の魅力をより一層高め、ドラマの中の細胞たちが自然に思い浮かぶユニークな歌詞がドラマにピッタリだ。

引用元:Kstyle

ソン・ガン&ハン・ソヒ主演ドラマ「わかっていても」(2021)で初めてOSTに参加したばかりですが、早速「ユミの細胞たち」でも素敵な曲を披露してくれていますね。

出典元:TVING公式

↓本人インスタ↓

Part.7:チョン・スンファン- Belief

「Belief」は、混乱する時期を生きている世界中のすべてのユミたちに聴かせたい歌という企画の意図を持って制作された楽曲だ。直接歌を聴かせたいという発想から始まった曲であるだけに、現場の温度や歌唱者の息づかいまで伝わるオープンマイクとライブセットのコンセプトでレコーディングを行った。

OSTを制作するStone Musicエンターテインメントは、「チョン・スンファンの息づかいや震え、小さな動きまですべて音楽として完成した。この曲を聴くすべての人々が完成度の高いOSTである『Belief』に魅了されるだろう」と期待を表した。

引用元:Kstyle

 

 

出典元:TVING公式

第1話の元カレとの回想でユミが泣いているシーンで流れていて、素敵な曲だなと思っていたのですが、チョン・スンファンだったんですね!

不思議とチョン・スンファンの曲は惹かれることが多いです。(「スタートアップ」のOSTの曲もいまだによく聞いています)さすがバラードの世孫と呼ばれるだけありますね^^

ユ・ヒヨル(TOY)が作った(?)レーベル”アンテナ”に所属しています。”アンテナ”は今年カカオTVの傘下になったようです。関係ないけど、タレントのユ・ジェソクも”アンテナ”所属になったよう。

 

View this post on Instagram

 

정승환(@__seung__h)がシェアした投稿

Part.8:멜로망스 (MeloMance) – 우리의 이야기 (Our Story)

”MeloMance”(メロマンス)はキム・ミンソク(ヴォーカル)&チョン・ドンファン(ピアノ)の男性デュオです。今作はメロマンス共同作曲の歌で、キム・ミンソクが作詞、編曲はチョン・ドンファンが担当。

第4話で蛙の(格好をした)細胞がユミの心の扉を通過して二人の愛が本格的に開始した時にバックミュージックで使われました。

個人的にすごく好きな曲です^^

↓ラジオでLIVEを披露してます。生でもこの安定感☆↓

出典元:TVING公式

メロマンスのインスタ。他にも素敵な曲を歌ってて、ファンになりました♡↓

Part.9:다운(Dvwn) – I’m in Paris

‘I’m in Paris’という粋なポップを基盤とした曲で暖かいギター演奏とリズミカルなドラムが一団となって爽快な印象をプレゼントする歌で、愛する恋人と一緒であればいつでもどこにあってもフランスパリにあるようなロマンチックな気分が感じられるという可愛らしいメッセージを伝える。

引用元:DOM 덤스튜디오(Weblio翻訳使用)

 

Part.10:ジェフィ (제휘)- Holiday

ジェフィが直接作曲・作詞して完成した曲で、あちこちで配置された無心ながらも意図された演奏と歌唱で自分だけの音楽的魅力を極大化した。 また特色あるメロディラインと一団となったジェフィの音色が洗練された美を倍加して軽い心で鑑賞することができるイージーリスニング曲が作られた。 ‘二つの腕を開けて風に従って流れるのね’のような歌詞を通じて題名の意味を新しく解釈したジェフィの独創的な感覚もうかがうことができる。

引用元:DOM 덤스튜디오(Weblio翻訳使用)

ジェフィはIUの曲に参加して話題を集め、他にも有名歌手に楽曲を提供しています。「ユミの細胞たち」OST Part7チョン・スンファンの「Belief」もジェフィが作曲しています。

出典元:TVING公式

Part.11:ソヌ・ジョンア- Timing

‘Timing’は劇の主人公であるキム・ユミ、ク・ウンの関係の変化を細心な時刻で表現して視聴者の感情没入に助けになると期待を集める曲である。

引用元:DOM 덤스튜디오(Weblio翻訳使用)

↓本人インスタ↓

「ユミの細胞たち」OST CD発売情報

韓国版CD

発売日(韓国):11月8日

  • Part1~Part11に加えて、劇中でユミの辛いトッポッキと一緒に流れた細胞バンドENDORPHINの「Singing Love」も収録
  • 2CD(合計48トラック)
  •  ハードカバーフォトブック(72ページ)未公開スチールカットあり
  •  ユミ&ウン フォトカード各1枚(計2枚)
  •  ホログラムフォトカード2枚(17種のうち2種ランダム/ ユミ細胞1+ウン細胞1)
  •  ブックマーク2種
  •  ポストカード2種


店舗によって金額が異なりますのでご確認の上ご購入ください。

 

↓タワーレコードはコチラ↓

 

Qoo10はコチラ

 

↓あらすじやキャスト↓

「ユミの細胞たち」ドラマあらすじ・キャスト・日本配信情報|キム・ゴウン&アン・ボヒョン主演2021年9月17日から韓国で放送開始のTVINGオリジナルドラマ「ユミの細胞たち」(原題:유미의 세포들 英題:Yumi's Cell...

↓シーズン2についてはコチラ↓

「ユミの細胞たち2」配信情報・キャスト・あらすじ|キムゴウン&ジニョン主演日本でも大好評だったキム・ゴウン主演ドラマ「ユミの細胞たち」(原題:유미의 세포들 英題:Yumi’s Cells)のシーズン2が遂に6...

 

↓アン・ボヒョン写真集発売♡↓

created by Rinker
¥1,350
(2022/05/20 13:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村