韓ドラろぐ
韓国映画

韓国映画『7番房の奇跡』は号泣必至。あらすじ&キャスト

先日韓国映画の「7番房の奇跡」(2013年)を視聴しました。

6年前の作品になります。当時韓国で大ヒットしており、ずっと観たいと思っていた作品をやっと観ることができました。

主演を務めた子役のカル・ソウォンちゃんがとても愛らしく、この子だからこその大ヒットだったのかなと思います。

ラストはこれがもう嗚咽を漏らすほど号泣しましたよ。

とても良い作品だったのでご紹介します^^

『7番房の奇跡』あらすじ

春には黄色いランドセルで学校へ…娘の入学式を夢見ていた、知的年齢が6歳の父親ヨングと、しっかりものの6歳の娘イェスンに突然の事件が影を落とす。ヨングは殺人の容疑で逮捕、収監。娘はひとり寂しく父を思い、塀の中では父が娘に会いたいと思いを馳せていた。

そんなある日、ヨングに命を助けられた7番房の房長と仲間たちが、娘イェスン潜入大作戦を決行!
しかし、二人の幸せな時間は長くは続かず…。
裁判の最終弁論、ヨングは最後の最後になぜか無実の罪を認めてしまうのだった。

数年後、娘イェスンは弁護士となり父の無罪を証明するために奔走する。そして父が本当に守りたかったものが時を越えて明かされる…。

引用元:公式HP(http://7banbou.com/story.html)

父親ヨングは娘にどうしてもセーラームーンの黄色いランドセルを買ってあげたくて、そのランドセルを購入した女の子が他で売っているお店を知っているというので案内してもらう。

案内をしてもらっている途中で女の子が転倒して頭を打ち、亡くなってしまう。

ヨングはすぐ逮捕される。その女の子が警察署長の娘だったこともあり、きちんと調べられることもなく収監されてしまう。

裁判で冤罪を晴らすために7番房のみんなで協力して、知的障害のあるヨングに裁判でのやりとりを練習させたりした。

そして裁判当日、裁判の前に警察署長に呼び出され…、ヨングは結局無実の罪を認めてしまう。

なぜヨングは罪を認めてしまったのか。そして父と娘はまた一緒に暮らせる日がやってくるのか。

父娘の愛を描いた作品です。

↓公式予告編

『7番房の奇跡』キャスト

キャスト

リュ・スンリョンーイ・ヨング

カル・ソウォンー少女イェスン

パク・シネー大人になったイェスン

オ・ダルスーヤンホ(7番房房長・元暴力団員)

パク・ウォンサンーチュノ(7番房囚人・詐欺師)

キム・ジョンテーマンボム(7番房囚人)

チョン・マンシクーボンシク(7番房囚人・夫婦スリ)

キム・ギチョンーソじいさん(7番房囚人・当たり屋)

チョン・ジニョンー刑務所課長・のちにイェスンの義父となる

脚本

イ・ファンギョン、キム・ファンソン、キム・ヨンソク

監督

イ・ファンギョンー「武神(TV)」「角砂糖」「あいつはカッコよかった」他

みどころ

やはり子役カル・ソウォンちゃんの演技でしょうか。これが映画デビュー作だなんて信じられないほどの名演技でした。

ソウォンちゃんはこの映画で韓国のアカデミー賞として知られる「大鐘賞」で歴代最年少で主演女優賞を受賞しています。

そして主演のリュ・スンリョンの演技も素晴らしいですが、脇を固める7番房の囚人たちもみなさんドラマや映画で活躍されている俳優さんたちで、とても豪華なメンバーです。

パク・シネは少ししか出演していませんが、さすがの存在感のある演技をしています。

大人になったイェスン役で、弁護士になり、父の無実を証明するために模擬裁判にかけます。

感想

最初にも書いたようにとにかくラストは号泣です><

本当に胸が締め付けられ、嗚咽を漏らしていましたよ。1人で観て良かった^^;

特に同年代の子どもがいる方は共感できると思います。

でも決して涙だけの映画ではないんですよ。7番房でのやりとりに笑えたり、収監されたヨングに娘を会わせてあげるために7番房のみんなで協力するシーンなど、明るいシーンもたくさんあって決して暗い映画ではないです^^

ネタバレの感想を書いてしまうと感動が激減してしまうと思うので、ぜひご覧になってください。

『7番房の奇跡』視聴方法

私はNetflixで視聴しました。

U-NEXTでも視聴可能です。(クリックすると映画のページにいきます)

U-NEXTは月額1,990円(税抜)の定額動画配信サービスです。初月は無料になりますので、まだ体験されたことがない方はこの機会にぜひ体験してみてください。

無料体験期間中に解約すれば次月以降の請求はありません。

韓国ドラマや映画もたくさんありますよ^^

※19年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXT
DVDはこちら。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村